人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2022/03/15

3月分以降の協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率

 全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率は、例年3月分(4月納付分)から見直しが行われており、2022年度の各都道府県の健康保険料率も変更、公開されました。

1.2022年度の健康保険料率
 協会けんぽの保険料率は、各都道府県支部別の保険料率が設定されており、2022年3月分から適用される健康保険料率は下表のとおりとなりました(表はクリックで拡大されます)。全都道府県のうち、もっとも高い保険料率は佐賀県の11.00%、もっとも低い保険料率は新潟県の9.51%となっており、佐賀県と新潟県の保険料率の開きはかなり大きなものになっています。

2.引下げとなった介護保険料率
 介護保険の保険料率は毎年見直しが行われますが、2022年3月分からは、1.80%から1.64%への引下げとなりました。

 健康保険料率および介護保険料率は3月分から変更になるため、3月に賞与を支給する会社では、賞与にかかる保険料から新しい保険料率で計算して控除します。また、給与計算では自社の社会保険料の控除のタイミングに合わせて控除する保険料率を変更しましょう。なお、健康保険組合に加入している会社においては、各健康保険組合の情報をご確認ください。

■参考リンク
協会けんぽ「令和4年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat330/sb3130/r4/220202/


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

お問合せ
「法改正に対応する
     就業規則作成」
「年次有給休暇や
   休職制度の構築」
「パート職員の
        有効活用」
「人事考課表作成」
その他ご相談ください!
社会保険労務士本多事務所
(行政書士本多事務所併設)
〒220-0041
横浜市西区戸部本町15−14
TEL:045−322-5737
FAX:045−322-5747
メールでのお問合せ


民間保育園 経営者様向け
セミナーの様子です。